シドニーから3泊クルーズ(その2)シドニー到着

みなさん、こんにちは。
ローカルトラベル・パートナーズの石垣です。
前回から、私が2022年10月に乗船したシドニーからの3泊クルーズについてご紹介しております。今日は、シドニー空港到着から、シドニーでの滞在についてご紹介いたします。

私が、コロナ前に海外へ出かけたのは、2019年3月のドイツでした。ですので、今回は、3年ぶり以上の海外旅行でした。空港に到着して「うわ、変わったな。」と思ったのは、入国審査がIT化されていたことです。以前のように、入国審査官が一人一人パスポートと顔をチェックして、「どこのホテルに泊まりますか?」とか、「どんな目的で来られましたか?」とか、聞かれることもなく、手続きが終わると、ぶっきらぼうに、”Next!” (=次の方!)とか、言われないのです。

Sydney Airport

パスポートを機械に投入します。

Sydney Airport

言語も選べます。

Sydney Airport

Sydney Airport

パスポートをこの機械に入れると、このようなチケットが発券されます。これを次のゲートで別の機械に投入して、終了です。便利ですね。

シドニー空港から、シドニーの中心地への移動には、エアポートリンクという電車を利用しました。
これが、驚くほど、高かったです。28オーストラリアドル(約2,800円)乗車時間は、20-30分程度なので、割高ですよね。空港と中心地をダイレクトに結んでいるので、強気な価格設定になっているようです。

セントラル駅で下車し、ホテルにチェックインしました。
今回ホテルの宿泊は1泊だけですし、ちょっと高かったですが、ヒルトン シドニー に泊まりました。便利な場所にあり、ホテルのコンシェルジュもとても親切で快適に過ごせました。

中心地で、多くの人が歩いていて、賑わっているのですが、日本と違って、マスクをして歩いている方は、かなり少数でした。それから、意外と飲食店が少なく、驚きました。日本の寿司、ラーメンのお店がありましたが、価格は高めで、とても混んでいました。

私は、海外旅行中に日本の食事を食べたいとは思わないタイプです。せっかくなら現地ならではの料理を堪能したいです。

Sydney Hanburger

Sydney Hanburger

このハンバーガーとビール(1人分)で、約2,000円でした。やはり日本と比べると高いですね。あるいは、日本の食事代が安すぎるのかもしれませんが…。

夜、別の日本人グループ(翌日から同じクルーズ船に乗る方たち)と、情報交換も兼ねて食事に出かけたのですが、適当なお店が全然なく、ようやくバリ風居酒屋を見つけたのですが、満員でした。海外でよく感じることですが、そもそも日本の居酒屋やスペインのバルのように、小皿をシェアして食べるスタイルの食事処は、あまりないですね。

Greek restaurant in Sydney

Greek restaurant in Sydney

結局、ギリシャ料理店で変わった料理をいただきました。1人、1〜2品を頼んで、シェアしました。1品の量が多いので、これで十分でした。美味しかったです。

いよいよ、翌日からはクルーズです。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

最新情報をお届けします