京都のお土産、私のイチオシ。

京都のお土産と聞いて、真っ先に思いつくのは、生八つ橋でしょうか?定番ですね。もちろんこれも「京都へ行ってきました!」という感じで、喜ばれるお土産ですが、意外と好みが分かれたりしますよね。

今日は、私のイチオシの京都のお土産をご紹介します。それは、京菓子司満月さん(創業1856年)の、阿闍梨餅(あじゃりもち)です。ちなみに阿闍梨餅は大正期に開発されたそうです。聞いたことはありますか?おそらくこれは、どなたにも喜ばれるお菓子だと思います。


私は、以前京都で働いていたことがあるのですが、取引先などに持参するお土産は、いつも決まってこれでした。私の好みということではなくて、会社として、「手土産には、これが良い。」という普段使いの定番のお菓子でした。

モチモチ、しっとりとした皮と、あっさり風味の餡が見事に調和していて、甘党ではない私が食べても、ほんとに美味しいです。

「阿闍梨」というのは、高僧を意味するサンスクリット語を語源としていて、日本では、天台・真言の僧位を表しているそうです。比叡山で千日回蜂行を行う阿闍梨様のかぶる網代笠をかたどったもので、厳しい修行中に餅を食べて飢えをしのいだことに因んで考案されたそうです。京都を感じさせる由来ですね。

イチオシの京都のお土産を探している方は、ぜひチェックしてみてください。


最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

Hirokane
Hirokane
静岡市で旅行会社をやっております。
I am managing a travel agency in Shizuoka City, Japan.